イメージ画像

ビデオカメラのデータ保護について

ビデオカメラの記憶装置の大容量化により、昔のようにテープを交換する手間もなければ長時間のデータを保存しておくことが出来るようになりました。
また、HDMIケーブルでテレビと接続してビデオカメラで再生をすれば、すぐにテレビで撮影した映像を見ることもできとても便利です。
ビデオカメラ1台あれば録画から再生まで出来てしまい、データもたくさん保存できる。一見便利のようですが、これが思わぬ落とし穴になることがあるのです。


■ビデオカメラのデータ損失リスク

カメライメージ

ビデオカメラを子供が落としてしまい壊れた、水の中に落としてしまい故障してしまった、などなど。ビデオカメラは屋外で使うことが多いため、このような理由でビデオカメラが故障するケースがあります。
ビデオカメラの操作が出来なくなれば、撮影は当然ですが録画データの再生もできなくなります。
SDカードなど外部メモリの場合はカードを抜けば録画データは無事ですが、HDDやDVDなど内蔵メモリの場合、個人の力ではデータを取り出すことは困難です。


■こまめなバックアップが重要

ビデオカメラのデータは出来れば撮影の都度バックアップをとることをおすすめします。
バックアップはパソコンのHDDが便利です。ビデオカメラ機器にはパソコンとの接続ケーブルが付属されていますので、それを使って接続すれば難しい操作もなくパソコンにデータを移すことが出来ます。
バックアップさえとっていればSDカードから不要なデータを削除して再利用するといったことも出来て経済的です。

■バックアップをとっていないデータが消えてしまったら

もしもバックアップをとっておらず、カメラが故障してしまったり誤って大切な動画を削除してしまった場合、データの復元が可能です。
データ復旧業者と呼ばれるデータの復元サービスを専門に行う業者が日本には多数存在しています。
しかし、小規模な会社はパソコンのデータ復旧にしか対応していないことがほとんどですので、デジタルデータリカバリーなど様々な機器に対応して多くの実績がある会社に相談するとよいでしょう。
誤って消してしまった時とカメラ自体が故障している時など、症状によって費用は様々になりますが、無料診断と見積もりを無料でやってくれる会社がありますので、まずはそういった会社に連絡をし、見積もりをとってみるとよいでしょう。

ページトップへ