イメージ画像

業務用サーバーの物理障害のデータ復旧

会社の仕事に役立つアプリケーションは、一台の端末にまとめて管理しているやり方が人気です。

アプリケーションのライセンスが一つだけでも、端末へアクセスする方法で利用すれば法律に抵触しません。

しかし通常のパソコンに複数のアプリケーションをインストールしておくと、同時アクセスが発生した時に処理が難しいという問題があります。

高額な業務用サーバーが必要になるのは、並列アクセスを上手く遂行出来るスペックを備えているからです。


■業務用サーバーの抱えるリスク

しかし業務用サーバーを一台導入しただけでは、壊れた時のリスクが大き過ぎると言われています。

業務用サーバーに搭載されているハードディスクは、何度も処理を行う事で酷使されるからです。

ハードディスクは消耗品という言葉がありますが、アクセスが頻繁に発生する業務用サーバーの寿命が短いのは確かだと言えます。

ハードディスクの故障を絶対に防ぐ事は出来ません。

いつか必ず壊れる機器だという事を認識して運用していく必要があります。

そのためにも定期的なバックアップを実践する事は大切です。


■物理障害が発生した場合は個人の復旧が難しい

ハードディスクが物理的に壊れると、個人の復旧が難しいのは確かです。

しかし故障時のハードディスクのデータを取り戻さなければならない事もあります。

その時には前述した定期的なバックアップのデータでは不足です。

故障直前のハードディスクのデータをカバーしていないため、リストアによるデータ復旧では手動で補う作業を行う事になります。

手作業での入力は新たなトラブルを招きかねないので推奨されていません。

物理障害の発生したハードディスクのデータ復旧を果たしたい場合には、業者のサービスを依頼すべきだと言えます。

データ復旧業者は物理障害を解消するサービスを実施しているため、記憶媒体のトラブルに悩むユーザーから頼られる存在です。

ハードディスクの物理障害にも障害レベルがあり、重度の障害の場合は設備の整った業者でなければ対応できないケースがほとんどです。

最大手のデジタルデータリカバリ―であれば物理障害からのデータ復旧で高い実績を誇っており、安心して依頼できる業者の一つです。


■業務用サーバーの管理者はデータ復旧業者に頼る事が多い

業務用サーバーのデータ復旧の備えには、RAID構成を用いるという手段があります。

しかしRAID構成は初期投資額と維持費が大きくなり易いという問題があるのです。

初期投資額を抑えたいなら定期的なバックアップ作業とデータ復旧業者の利用で乗り切るしかありません。

データ復旧業者のサービスの料金は高めに設定されていますが、物理障害が発生して大切なデータが失われない限り支払いを求められる事はないのです。

業務用サーバーは貴重なデータを集積していますが、ユーザーによっては常にアクセスしていません。

業務用サーバーの利用頻度が少ないユーザーであれば、バックアップとデータ復旧業者の備えでも対応可能です。


ページトップへ