イメージ画像

物理障害になったクリエイターのパソコンをデータ復旧する

パソコンの記憶媒体は経年劣化によって故障するリスクを抱えています。

貴重なデータをパソコンで管理している人間は、記憶媒体が故障した時を考えなければなりません。

特にクリエイター業で生計を立てている者は、仕事に関するデータを全てパソコンに入力する傾向があります。

ふと思いついたアイディアを商材にする事で収入を得ているからです。


何が利益に繋がるかは形になるまで分からないので、パソコンへの入力が習慣になっています。

だからクリエイターのパソコンが物理障害に陥ると、損害が大きくなり易いと言われているのです。


■物理障害の対応はバックアップの存在が重要

記憶媒体は非常に小さい部品で構成されています。

それが物理的に壊れれば個人の力で原状回復させる事が難しいのは当然です。

よってバックアップを取得していないと、データ復旧を果たす事は絶望的になります。

クリエイターはパソコンに重要な情報を書き込む頻度が多いので、バックアップを少し忘れるだけで致命的な問題へと発展してしまうのです。


記憶媒体の故障が発生した時にダメージを軽減するコツは、バックアップを定期的に取得する事だと言えます。

それを果たすためにはバックアップソフトの機能を最大限に有効活用すべきです。

例えばバックアップソフトの自動取得機能を用いれば、忘れずに復旧用のデータを取得出来ます。


■データ復旧の手順について

バックアップデータさえ取得していれば、故障した記憶媒体のデータ復旧は問題ありません。

最初に行うのは記憶媒体の交換作業になります。

市販されている製品を購入して、接続されている記憶媒体と取り替えるのです。

取り替える記憶媒体の規格が異なると交換作業に失敗してしまうので、事前に確認してから買い物へ向かうべきだと言えます。


記憶媒体の交換が完了したらバックアップのリストアです。

バックアップに用いたソフトウェアにリストア機能が搭載されています。

新しい記憶媒体にOSとバックアップソフトを再インストールした後に、データのリストアを実行するだけでデータ復旧は果たされます。

データ復旧の失敗を避けるには、正しい手順書を作成して書かれた内容に従って作業するのがベストです。


■データ復旧業者を頼る

クリエイターはパソコンの記憶媒体のバックアップを行っていない事があります。

バックアップデータの取得が行われない場合には、リスクが高いのは前述した通りです。

仮にバックアップが存在しない状態で記憶媒体が壊れたら、データ復旧業者のサービスを頼るのが有効な手段になります。

データ復旧業者は物理障害の対応に慣れたスペシャリストです。


ページトップへ