イメージ画像

コールドスタンバイ方式のクリエイターのパソコンをデータ復旧する

創作物を販売する事で利益を得ているクリエイターは、パソコンを仕事で使用しています。

パソコン用のソフトを使った方が、仕事の能率が上がるからです。

逆に紙と鉛筆しか使わない創作活動はスピード面に問題があります。

効率の悪い仕事の進め方をしているクリエイターは、周囲のライバルよりも稼ぐ事が出来ません。

だからクリエイターはパソコンの故障に備えるようになりました。


具体的には壊れたパソコンの代わりを務められる端末を準備するようになったのです。

予備のパソコンの電源を入れずに待機させるスタイルは、コールドスタンバイ方式と呼ばれています。


■コールドスタンバイ方式はバックアップが重要

コールドスタンバイ方式における予備機は、本番機が壊れるまで電源が入っていません。

よって予備機と本番機の記憶媒体の中身には大きな差があるのです。

本番機の代わりに予備機を動かしても、データが入っていない状態ではクリエイターの役に立つとは限りません。

故障直前まで使用していたパソコンのデータが保存されていないからです。

その問題を解決するのに有効なのは、本番機のバックアップを予備機へリストアする事だと言えます。

予備機の記憶媒体の中身が適用したバックアップデータと同じになるからです。

定期的なバックアップが実践されていれば、故障時に極めて近いデータ復旧が可能になります。

大切なのはバックアップを疎かにしないクリエイターの姿勢です。


■コールドスタンバイ方式の注意点

コールドスタンバイ方式の予備機は、故障が発生しない限り電源を入れる必要がありません。

そのせいで知らない間に予備機が壊れてしまっているトラブルがあります。

精密機械であるパソコンは自然に故障してしまう事が珍しくないからです。

予備機が壊れていればコールドスタンバイ方式を準備した意味は失われます。

予備機の故障発覚が遅れてしまうのを防ぐには、定期的に予備機の電源を入れて動作確認をする事が大切です。

そして予備機の故障確率を低下させるには、誇りの少ない場所を選ぶべきだと言えます。


■バックアップが存在しない時はデータ復旧業者を頼る

バックアップを取得して記憶媒体の故障に備えるのは、パソコンを扱う上での常識です。

記憶媒体の容量が増えた事もあり、バックアップを行わない人種は少数派になっています。

しかし昔の気質を持つクリエイターの中には、バックアップの重要性を理解していない者も存在するのです。

彼らのパソコンの記憶媒体が壊れてしまった時は、データ復旧業者に頼るしかありません。


データ復旧業者のサービスを用いれば、記憶媒体の中身を取り出す事が可能です。

そして本番機において記憶媒体以外の部品が壊れている時は、コールドスタンバイ方式の予備機が活きます。

データ復旧業者から受け取った記憶媒体を、予備機に接続する事でバックアップのリストアと同じ効果を得られるからです。


ページトップへ