イメージ画像

デュアルドライブになっているクリエイターのパソコンをデータ復旧する

クリエイターは他の業種に従事している人間よりも、パソコンへの依存度が高いと言われています。

クリエイターの成果物は大部分がパソコン用のソフトで制作されるからです。

だからクリエイターは高性能なパソコンを所望するようになりました。

パソコンのスペックが高ければ仕事が捗り、結果的に収入や周囲からの評価が高まるからです。


一昔前はメモリの増設が一般的な性能アップの手段でしたが、他の部品がボトルネックになるケースが増えた現在では他の手段が採用されています。

具体的にはデュアルドライブのパソコンを準備する事です。

アクセス処理能力に優れているSSDと、保存容量が豊富なハードディスクを搭載したデュアルドライブのパソコンは、多数のクリエイターから仕事道具に選ばれています。


■デュアルドライブのバックアップの取得

デュアルドライブでは2台の記憶媒体でパソコンを支えるので、必然的に記憶媒体の故障によるトラブルが増えます。

片方の記憶媒体が壊れるだけでパソコンの使用に支障を来たすからです。

記憶媒体の原状回復で最も大切なのは、部品交換後にバックアップをリストアする作業だと言えます。

デュアルドライブのパソコンを扱うならば、日常的にバックアップを取得する事は必須です。

しかしバックアップの保存先に関しては、単体の記憶媒体で動くパソコンよりも悩む必要がありません。


バックアップ対象と保存先は分ける必要がありますが、デュアルドライブではペアが存在しているのです。

デュアルドライブは新しく記憶媒体を購入しなくても、バックアップを保存する事が可能になっています。


■SSDが壊れた時のデータ復旧

耐障害性が評価されているSSDが故障した時には、OSとバックアップソフトの再インストールが必要になります。

読み書きの速度が優れているSSDは、OSとアプリケーションのインストール先に選ばれているからです。

OSを再インストールしなければバックアップソフトの土台は構築出来ず、バックアップソフトが存在しなければリストアを実行出来ません。

必要ソフトの再インストールが完了したら、ハードディスクに保存しているSSDのバックアップをリストアします。

エラーが発生しなければクリエイターのパソコンのデータ復旧は完了です。


■ハードディスクが壊れた場合のデータ復旧

ハードディスクのデータ復旧はSSDよりも簡単です。

OSとバックアップソフトが無事なので、直ぐにSSDへアクセスしてハードディスクのバックアップをリストア出来ます。

しかしハードディスクに保存されているのはクリエイターの成果物です。

過去の案件だけでなく進行中の案件も含まれているので、データ復旧が失敗した時の損害は大きいと言えます。


ページトップへ