イメージ画像

デュプレックス構成になっているクリエイターのパソコンをデータ復旧する

パソコンで創作物を制作しているクリエイターが増えています。

紙に何かを書いて作業するよりもパソコンを使った方が効率的だからです。

優れた仕事を行えるクリエイターは、働いた分だけ稼げると言われています。

より収入を得たいと考えるクリエイターが、パソコンを使って成果物を作るようになるのは必然です。

しかし精密機械であるパソコンは、突然の故障が発生するリスクを抱えています。


仕事中のパソコンが使い物にならなくなれば、莫大な利益を得られる仕組みが崩れるので問題です。

パソコンの故障によって仕事が滞る事を避けるために、クリエイターは予備機を所有するようになりました。


■デュプレックス構成で予備機を運用する理由

パソコンの予備機を持っているクリエイターは、故障トラブルに仕事を邪魔される可能性が低くなります。

しかし普段は使用しない予備機を停止させているのは大きな無駄です。

パソコンのハードウェアの技術は日進月歩なので、本番機が故障しない間に予備機のスペックが低過ぎて使い物にならなくなってしまう事もあります。

パソコンのスペックはクリエイターの仕事の進捗に関わるので、型落ちしてしまった製品は戦力外だと考えられる事が多いのです。


だから本番機が故障するまで予備機を待機させるのでなく、パッチ処理を担当させるスタイルが人気になっています。

予備機にパッチ処理を実行させるデュプレックス構成は、多くのクリエイターが採用している手法です。


■デュプレックス構成のデータ復旧

デュプレックス構成の本番機が壊れたら、予備機のパッチ処理を停止させます。

予備機に本版機の代わりを務めさせるためです。

しかし予備機の記憶媒体の内容は本番機と大きく異なります。

クリエイターに使用されていた本番機は、進行中の案件に関するデータが入力されていますが、予備機にはパッチ処理に関するデータしか存在しません。

よって事前に本番機から取得しておいたバックアップをリストアして、予備機の記憶媒体にデータ復旧の措置を施す必要があるのです。


本番機のバックアップが定期的に取得されていれば、予備機は本番機と同じ感覚で使用する事が出来るようになります。


■バックアップを取得していない場合

優秀な能力を持つクリエイターは、本業が忙しいせいでバックアップを疎かにしがちです。

予備機にリストアするバックアップが存在しない場合には、データ復旧業者のサービスを活用します。

データ復旧業者は物理障害に陥った記憶媒体からデータを取り出して、新品の記憶媒体へ移すサービスを展開しているのです。

データ復旧業者のサービスで得た記憶媒体を本番機に再設置します。

デュプレックス構成の意義は失われますが、バックアップを取得していない時は本番機の記憶媒体をデータ復旧業者に預けるのが有効です。


ページトップへ