イメージ画像

ホットスタンバイ方式のクリエイターのパソコンをデータ復旧する

クリエイターのパソコンが壊れると、仕事を進める事が大変になります。

昨今のクリエイター業はパソコン用のソフトに依存しているからです。

パソコンの修理が完了するまで仕事が出来ないせいで、損害を被るリスクもあります。

パソコンの故障原因を明らかにする能力をクリエイターが備えていても、直ぐに交換部品を準備出来るとは限りません。

スケジュールの都合が悪ければ、端末の修理は先延ばしされてしまうのです。

だからクリエイターは仕事用のパソコンが壊れても、直ぐに使える端末を求めるようになりました。


■ホットスタンバイ方式は余計な手間を取られない

最近のクリエイターはホットスタンバイ方式を支持しています。

予備機の電源を落としておくコールドスタンバイ方式と違って、直ぐに予備機を使用する事が可能だからです。

予備機の電源を入れておくとエネルギーの消費量は激しいですが、復旧時間を短縮出来るという利点があります。

本番機と予備機の記憶媒体が同期を取る仕組みになっていれば、故障時に予備機を用いる時にバックアップをリストアする必要がありません。

結果的にクリエイターは仕事に使うはずだった時間を、パソコン修理に奪われないで済みます。

クリエイターの貴重な時間を消費しないのが、ホットスタンバイ方式の人気を維持しているのです。


■部品の修理交換を早急に進めるべき

本番機が故障している間は1台のパソコンでクリエイター業が維持されている格好です。

残りのパソコンまで故障した場合には、ホットスタンバイ方式で獲得した優位が消えてしまいます。

だから早急に故障原因を特定して、本番機の修理交換を行う姿勢が大切です。

部品の修理交換が遅れるほど、クリエイターの背負うリスクは大きくなります。


■本番機の記憶媒体が壊れていた場合

本番機の故障原因が記憶媒体だった場合には、通常の部品交換に加えてデータ復旧が必要になります。

交換された記憶媒体には何もデータが入力されていないからです。

トラブルが発生したパソコンを扱う事に慣れていないクリエイターは、記憶媒体の交換が終わった機器を直ぐに元の場所に設置してしまいます。

しかしデータの同期が取得されているホットスタンバイ方式において、データ復旧を済ませずにパソコンを接続するのは御法度です。


データ同期の機能で基準値の設定にされているのは本番機です。

記憶媒体の交換を終えたばかりの本番機を使ってデータの同期を取ると、予備機に蓄積されている情報が消えてしまいます。

それは進行中の案件や今までの仕事に関するデータが全て消えてしまうという事です。

その事故を防ぐために必要なのは、本番機の代行を務めていた予備機からバックアップを取得して、本番機へリストアする事だと言えます。

本番機のデータ復旧が果たされていれば、データの同期機能によるトラブルに悩まされる事はありません。


ページトップへ