イメージ画像

nasに保存したバックアップでクリエイターのパソコンをデータ復旧する

クリエイターのアイディアはパソコンの記憶媒体に記録されています。

過去の時代とは異なり紙に書くよりもコンピュータの価格が安くなっているからです。

そしてパソコンを仕事上で使用しているクリエイターが大多数なので、パソコンに貯蔵される情報量が自然に増えていきます。

様々な要因が重なってクリエイターのパソコンは、重要な情報が詰まった高い価値のあるアイテムに至ったのです。

しかし記憶媒体が消耗品である以上、故障リスクを完全に避ける事は不可能だと言えます。

貴重なデータをどれだけ入力しても、パソコンが故障して消失すれば意味がありません。


クリエイターのパソコンを守るためには、バックアップを取得して故障リスクを軽減する事が大切です。


■USBのハードディスクは災害による同時故障が怖い

バックアップを保存する時に最も多用されているのは、USB規格のハードディスクだと言われています。

USBのハードディスクは街の家電ショップで販売されている上に安いからです。

しかしUSBのハードディスクをバックアップの保存先に使うと、クリエイターのパソコンと一緒に壊れてしまうケースがあります。

それは広範囲に及ぶ災害が発生して、クリエイターのパソコンが巻き込まれた場合です。


USB接続が出来るハードディスクを使用する多くのユーザーは、よく用いる機器の近くに設置すると言われています。

クリエイターのパソコンのバックアップ用に購入されたハードディスクは、特殊なケースに限りますがパソコンと一緒に故障する可能性が高いのです。


■nasを保存先にすれば安心

前述した問題点が浮上するのはUSB規格のハードディスクの有効距離が短いからです。

遠くからでも使用可能な記憶媒体は、災害が発生しても同時故障する可能性は低いと言えます。

だからバックアップの保存先にnasが推奨されるようになったのです。

nasにパソコンのバックアップを保存する事は、データロストのリスクを軽減する効果があります。


■nasを用いたデータ復旧の流れ

クリエイターのパソコンが壊れてしまった時は、最初にnasとの接続状態を回復しなければなりません。

バックアップを保存しているnasは、セキュリティ設定によって限られた端末しかアクセスが行えない状態です。

だからパソコンのネットワーク設定を調整して、nasと接続出来る状態を確立する事が必要になります。

パソコンとnasが接続可能になったら、保存しておいたバックアップをパソコンへコピーする事が重要です。

ネットワーク越しにリストア機能を用いようとすると、データ復旧が失敗するリスクは高まります。


リストア対象とバックアップデータを同じ記憶媒体に格納する事が成功のコツです。

バックアップのコピー完了後にリストアを実行し完了メッセージが表示されたらデータ復旧作業は終了になります。


ページトップへ