イメージ画像

クリエイターのRAID1構成の端末をデータ復旧する

クリエイターは自身のアイディアを形にする事で生計を立てています。

クリエイターが十分な利益を得るために必要な行為は、思いついたアイディアを全て保存していく事です。

思いついたアイディアは全てが形になるわけではありません。

しかし時間が経過する事によって、アイディアが実を結ぶ事もあります。

利益になるタイミングは読めないので、全ての思いつきを所有している端末へ入力するのは定石です。

アイディアが詰まっているクリエイターの端末は、製品の販売価格以上の価値を持っているのは確かだと言えます。


■クリエイターの端末はRAID1構成が多い

クリエイターが記録用のツールに端末を選ぶようになった事で、一つの変化が生じたと言われています。

それはリスクが1台の端末に集中している事です。

過去の時代では記録用のツールとして紙が愛用されていました。

所有しているメモ帳や手帳に思いついた事を書き込んでいったのです。

紙媒体のツールは量に限りがあるので、書き込み続ければ新しい物を買わなければなりません。

しかしそれが丁度良いリスクマネジメントになっていたのです。

それに対して現代で多用されている端末は、十分過ぎるほどの記憶容量を誇っています。

何をどれだけ書き込んでも個人が消費仕切る事は難しい記憶容量です。


新たに記録用のメディアを購入しなくても済みますが、全てのリスクが一箇所に集中してしまいます。

だからクリエイターの端末は2台の記憶媒体にデータを保存するRAID1構成が人気です。

2台の記憶媒体へ並行してデータが書き込まれるため、片方が壊れてもデータ復旧を行う事が出来ます。


■端末におけるRAID1構成のデータ復旧

RAID1構成の端末は1台の記憶媒体が壊れても、そのまま使用する事が出来ます。

1台の記憶媒体が壊れても2台目が端末の動作を肩代わりするからです。

そのためクリエイターは仕事道具である端末の修理を放置する傾向があると言われています。

しかしRAID1構成の記憶媒体が壊れたら、即座に記憶媒体を新しい物へ交換すべきです。

交換を遅らせると2台目の記憶媒体まで故障してしまう事があります。


搭載されている2台の記憶媒体が完全に壊れれば、RAID1構成のデータ復旧を行う事は不可能になるのです。

最悪の事態を防ぐには記憶媒体の交換を速やかに行うのが対策になります。


■万が一の場合はデータ復旧業者に頼る

RAID1構成の記憶媒体が両方とも壊れたら、最後の手段を用いるしかありません。

最後の手段とは物理障害の回復サービスを提供しているデータ復旧業者です。

成功確率は100パーセントではありませんが、2台の記憶媒体のうち片方が復活すれば、RAID1構成のリビルドを実行出来るようになります。

データ復旧業者への相談が打開策になる可能性は高いのです。


ページトップへ