イメージ画像

クリエイターのRAID10構成のパソコンをデータ復旧する

クリエイターの持つ端末にはアイディアや仕事用のソフトが大量に入っています。

それらを上手く扱うには高スペックなパソコンにする必要があるのです。

しかし最近のパソコン部品は性能が頭打ちになり、最新の製品を購入しても想定より使用性が改善されない事が増えています。

それに加えて処理能力をアップさせても、データロストのリスクから逃れられません。

むしろ記憶媒体の容量が増えたせいで、多くの情報が一気に消えてしまうトラブルが目立っています。


スペックを向上させてもデータ保守の備えが不十分では意味がありません。

だからクリエイターはRAID10のパソコンを求めるようになったのです。

RAID10構成のパソコンは処理能力とデータの保守性を高める事が出来ます。


■RAID10構成で記憶媒体の故障が発生した場合

RAID10構成の記憶媒体が壊れても、パソコンの動作は正常な状態が維持されます。

ペアになっている記憶媒体が2台とも壊れない限り、RAID10構成のパソコンの動作は安定するのです。

しかし1台の記憶媒体が壊れている状態は極めてリスキーだと言えます。

2台目の記憶媒体が壊れてしまうと、データ復旧が不可能になる危険があるからです。


RAID10構成の耐障害性が優れているという評価は、記憶媒体の交換が行われる事が前提になっています。

故障した記憶媒体が取り替えられなければ、データ保守の優位性が失われるのは当然です。

早急に部品の修理交換を請け負う業者へ連絡するか、部品購入して独力で交換を行うかを選ぶべきです。


■データ復旧業者の力を借りる

仮にRAID10構成の記憶媒体が2台壊れてデータ復旧が不可能になったら、個人が対応する事は難しいと言えます。

しかしデータ復旧業者の助力を得れば、RAID10構成のリビルドが果たされる可能性はあるのです。

データ復旧業者は物理的に壊れた記憶媒体を一時的に復活させて、新品の記憶媒体へコピーするサービスを提供しています。

そのサービスを用いて記憶媒体の1台からデータを取り戻す事に成功すれば、RAID10構成のパソコンはリビルドを行える状態になるのです。

それを試してからでもRAID10構成のデータ復旧を諦めるのは遅くありません。


■リビルドも併せて依頼するメリット

記憶媒体のデータ復旧サービスを用いた時、RAID10構成のリビルドの代行も併せて依頼するのは効果的です。

データ復旧業者はRAID構成のリビルド代行も請け負っています。

RAIDコントローラの扱いに関してもスペシャリストなので、RAID10構成のデータ復旧を確実に成功させたい場合には依頼すべきです。

物理障害のデータ復旧サービスと併せた依頼であれば、高額な料金を徴収されない可能性もあります。


ページトップへ