イメージ画像

クリエイターのRAID5構成の端末をデータ復旧する

クリエイターの所有している端末は、一般人が所有するパソコンよりも高い価値を持っています。

なぜならクリエイターは思いついた考えを端末へ入力する癖を持っているからです。

コンピュータの価値は記憶媒体に保存されている情報量が大きく影響します。

書き込み頻度の多いクリエイターの端末が、高い価値を持つようになるのは当然の結果です。


しかし保有している情報量が多い端末は、壊れた時のリスクが高いと言えます。

端末の記憶媒体は消耗品と称されており非常に壊れ易い機器です。

何も対策をしないで用いればクリエイターは重大な損失を抱える事になります。

クリエイターが端末を運用する時は、記憶媒体の故障対策も講じるべきなのです。


■クリエイターはRAID5構成を支持している

クリエイターはアイディアを取り入れた商材を開発する時には端末を用います。

つまりクリエイターの端末は記憶媒体のデータ保守と使用性を配慮すべきです。

記憶媒体のデータ保守のみを追求するならば、ミラーリングを採用しているRAID1構成を選べば問題ありません。

しかしRAID1構成の端末は処理能力が低い欠点が存在しているのです。

処理能力が低い端末は使用性の面で問題が生じます。

だからクリエイターの端末はRAID5構成が主流になっています。

RAID5構成にすればデータ復旧の備えは万全になり処理能力に関しても上々です。


■RAID5構成の端末のデータ復旧

RAID5構成の端末が壊れると、記憶媒体の交換が行われるまで動かなくなります。

RAID5構成は3台以上の記憶媒体で実現しますが、1台でも壊れると動作が不可能になるからです。

よって記憶媒体の故障が明確である場合には、早急に交換作業を進めるべきだと言えます。

交換作業が完了したら端末のデータ復旧作業です。

RAIDコントローラを正しい手順で扱うと、新品の記憶媒体に対して必要なデータの書き込みが行われます。

正常な記憶媒体に保存されているパリティが機能するので、RAIDコントローラの扱いさえ間違えなければ問題ありません。


■2台以上の記憶媒体が壊れた場合

RAID5構成は信頼性のある技術ですが、稀にデータ復旧が行えない事があります。

それは端末内部の記憶媒体が複数台壊れているからです。

RAID5構成が対処出来るのは1台の記憶媒体の故障に限られます。

複数の記憶媒体が壊れていると、個人による解決は不可能です。

しかしデータ復旧業者の助力を得れば、RAID5構成の端末は元に戻る可能性があります。


データ復旧業者は記憶媒体の障害回復に関して優れた技術を持つからです。

相談だけであれば無料で請け負っている業者も存在するので、連絡を取るだけでも有効だと言えます。


ページトップへ