イメージ画像

クリエイターのRAID6構成のパソコンをデータ復旧する

クリエイターは一般人よりもパソコンの使用時間が長いと言われています。

創作活動における必須ツールというだけでなく、思いついた考えをメモする際にもパソコンが使用されているからです。

形になったアイディアは大きな利益になるので、クリエイターの所有するパソコンの価値が大きいのは間違いありません。

しかし多数のデリケートな部品で構成されているパソコンは、ユーザーに落ち度がなくても突然壊れてしまう事があります。

部品交換を果たせば原状回復する事は可能です。


しかし記憶媒体に限っては故障前からバックアップデータの取得を行っておく必要があります。

バックアップを取得していたとしても、データが古過ぎて役に立たない事は少なくありません。


■RAID6構成の端末を使用すれば安心

クリエイターの所有しているパソコンの記憶媒体が壊れると、進行中の仕事やアイディアが台無しになってしまいます。

だからクリエイターはRAID6構成のパソコンを選ぶようになったのです。

RAID6構成は有名なRAID5構成以上のデータ復旧能力を誇ります。

なぜなら2台の記憶媒体が壊れてしまっても、部品交換後にリビルドを実行する事が可能だからです。


RAID5構成では1種類のパリティしか生成しないため、1台の記憶媒体の故障にしか対応出来ません。

それに対してRAID6構成では2種類のパリティが生成されているので、2台の記憶媒体が壊れてもデータ復旧が可能です。

記憶媒体の同時故障が発生する確率は稀ですが、万が一の備えとしてRAID6構成を採用するクリエイターは多いと言われています。


■RAID6構成のデータ復旧の流れ

RAID6構成の記憶媒体が壊れた場合には、最初に部品交換を実施しなければなりません。

最も有名な記憶媒体であるハードディスクが壊れた場合には、異音を発している事が多いので直ぐに分かります。

パソコンの部品交換が完了したら、最も重要な作業であるリビルドを実行する段階です。

リビルドはRAIDコントローラを操作して進める事になります。

パソコンに関して中途半端な技術を持つクリエイターが犯しやすい間違いは、RAIDコントローラを感性の赴くままに動かそうとする事です。


失敗するとRAID6構成のパソコンのデータが消えてしまう事があります。

無用なトラブルを防ぐためには、RAIDコントローラのマニュアルを読んでからリビルドを実施すべきです。

手順書に従っていれば最悪の事態に発展する事はありません。

RAIDコントローラの手順書を紛失してしまった場合には、型番を確認してからメーカーのホームページへ行きます。

マニュアルのダウンロードが可能なケースは少なくありません。


ページトップへ