イメージ画像

論理障害になったクリエイターのパソコンをデータ復旧する

クリエイターのパソコンは普通の企業に務めるビジネスマンの扱うマシンよりも酷使されています。

ビジネスマンはパソコンの前以外でも仕事を進めますが、クリエイターは業務時間内をパソコンの前で過ごすからです。

クリエイターは個人で仕事を進める事が多いので、打ち合わせや会議に用いる時間が短くなります。

そのせいでパソコンを操作して創作物を制作している時間が長くなるのです。

労力の大きい作業をパソコンのソフトで解決出来るのは、クリエイター業の強みだと言えます。


しかしパソコンの負担が大きくなって、トラブルの発生確率が高まるのも事実です。

特に内部処理のミスで発生する論理障害は、クリエイターのパソコンで多発するというデータがあります。


■軽度の論理障害の解決手段

論理障害が発生したパソコンは、記憶媒体の全域でトラブルが発生するわけではありません。

特定のデータ処理のミスで生じるトラブルなので、単体のファイルやフォルダに障害が発生します。

短期的には大きな問題にはなりませんが、長期に渡って放置すると論理障害の被害範囲は拡大してしまうので注意すべきです。

パソコンの内部のデータは大半が関連付けされているので、処理を繰り返すと論理障害は重大な問題へ発展します。

最善の手段は論理障害が明らかになったタイミングで、データ復旧ソフトを稼働させる事です。


ログを見て正常な状態に戻せるデータ復旧ソフトは、論理障害の解決手段として最もポピュラーだと評されています。

データ復旧ソフトは確かな効力を持つので、万が一の事態に備えて購入を済ませているクリエイターは少なくありません。


■データ復旧ソフトの対処が難しい場合

クリエイターのパソコンに論理障害が発生しても、大半のトラブルはデータ復旧ソフトの力で元の状態に戻せます。

問題はデータ復旧ソフトが参考にしているログが、全く残っていない論理障害です。

入力されたプログラム通りに動くデータ復旧ソフトは、論理障害の痕跡を見つける事が出来なければ無力になります。

だから貴重な情報を大量に抱えているクリエイターは、信頼出来るデータ復旧業者を事前に探しておくのがベストです。


データ復旧業者は物理障害の解決能力で有名になりました。

しかし実は記憶媒体の論理障害に関しても精通しているので、ログが残っていなくても十分な成果を挙げられる事があるのです。

クリエイターの中にはデータ復旧ソフトを信頼せず、データ復旧業者のサービスだけを用いる人種も存在します。

データ復旧ソフトの動作で論理障害が悪化してしまう事もあるからです。


失うわけにはいかないデータをパソコンに保存しているなら、データ復旧業者のサービスだけに頼るのも有効だと言えます。


ページトップへ