イメージ画像

クリエイターの端末をデータ復旧する

クリエイターの端末には大量のアイディアが保存されています。

クリエイターは思いついた物事を価値のある商材にして販売する事が仕事です。

しかし新しい商材に思いついたアイディアを全て盛り込む事が出来るとは限りません。

時には作成中の商材に相反するアイディアが思い浮かぶ事もあります。

思いついたアイディアを放置して記憶の底から抜け落ちる事が非常に勿体無いのは間違いありません。

だからクリエイターは思いついた事をすぐに記録すると言われています。


思いついた事を上手く管理すれば、アイディアを引き出す事も自由自在です。

以前は紙に書くのが当たり前でしたが、最近では所有しているパソコンに入力するようになっています。

パソコンはクリエイターの仕事において不可欠であり管理に適したツールだからです。


■記憶媒体の故障リスク

端末にアイディアを入力する事を大半のクリエイターは実践しています。

しかし稀にアイディアを引き出せなくなるトラブルが発生するのです。

原因はアイディアを保存していた記憶媒体が故障したからです。

端末の記憶媒体が壊れてしまえばアクセスが不可能になります。

記憶媒体以外の部品であれば修理交換するだけで復旧可能ですが、記憶媒体は保存されているデータが消えてしまうのです。

端末の記憶媒体に思いつきを保存するのは有効な手段ですが、一方で高いリスクが付きまといます。


■記憶媒体のデータ復旧

新品の記憶媒体に取り替えるだけでは端末の原状回復は不可能です。

しかし交換後の記憶媒体へバックアップをリストアすれば、データ復旧を行う事が出来ます。

記憶媒体の故障リスクを完全に排除する事は不可能なので、端末にはバックアップの取得とリストア機能を与えられているのです。

バックアップデータの取得さえ行われていれば、データ復旧を行う手段は存在しています。

クリエイターはバックアップを忘れないように、業務フローへ毎日のバックアップを加えるべきです。


■困った時はデータ復旧業者を頼る

バックアップのリストアを実行する事で、クリエイターが端末に保存していたアイディアは取り戻す事が出来ます。

しかしバックアップと故障のタイミングが大きく異なると、データ復旧の措置を施しても結果が不十分な事もあるのです。

バックアップの頻度が多いと記憶媒体の容量は圧迫されます。

そのせいでバックアップ回数が少ないクリエイターは、データ復旧が必要になった時点で慌てる事になってしまうのです。


バックアップのリストアが役に立たない時には、データ復旧業者に頼るしかありません。

データ復旧業者のサービスは物理障害に陥った記憶媒体も対象なので、十分な成果を得られる可能性が高いのです。


ページトップへ