イメージ画像

ファイルシステム(HDD)について

HDDにはデータを管理する方式としてファイルシステムというものがあります。
本来デジタルデータというものは「0」と「1」の羅列ですが、このデータをプログラムで管理できるようにしているのです。
このファイルシステムにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
ここでは主なファイルシステムの種類と特徴についてまとめます。


■FAT32

HDD

古くから使われているファイルシステムであり、代表的なファイルシステムの一つです。
ファイル形式になっていることが多いです。
ただし、1ファイルの容量が4GBまでという制限があるため、4GBを超えるサイズのデータは読み込みが出来ません。
そのため、外付けHDDを購入した場合はNTFSにフォーマットをする方が多いです。



■NTFS

Windows2000以降に対応したファイルシステムで、FAT32と並んで代表的なファイルシステムの一つです。MacOSでは読み込むことが出来ません。
FAT32が4GBの制限があるのに対し、NTFSは1ファイル2TBまでとなっており実質無制限です。
また、暗号化に対応していたり、耐障害性能が優れているという特徴があります。
現在販売されているパソコンの内蔵HDDのほとんどはこのNTFS形式ですが、外付けHDDはFAT32であることが多いため、外付けHDDを購入した時はNTFSへのフォーマットをおすすめします。


■FAT32

Windows95の頃から使われ始めたファイルシステム。古い規格のため、様々なOSで扱うことが可能ですが、32ビット時代のものということもあり、1ファイルの容量が4GBまでしか認識しないなど、今となっては機能的な制限が多く、現在のWindowsでは後述するNTFSを使用するのが一般的となっています。


■HFS+

MacOSにて使用されているファイル形式です。そのためWindowsでは使用できず、WindowsとのデータのやりとりにはFAT32のHDD等が必要になります。


■フォーマットしますか?と表示されたら

外付けHDDやSDカードをパソコンに接続した際に、稀に「フォーマットしますか?」というエラーメッセージが表示されることがあります。
このメッセージに沿ってフォーマットをしてしまった場合、保存されているデータは全て消去されますので注意が必要です。
また、ファイル形式を変更する(FAT32 → NTFS)際も同様に、保存されているデータは全て消去されます。事前にバックアップを行ったうえで変更するようにしましょう。


もしも誤ってフォーマットしてしまった場合、デジタルデータリカバリーなどのデータ復旧業者に依頼すればデータの復元が可能です。
また、データ復元ソフトを使っての復旧という方法もあります。



ページトップへ