イメージ画像

ハードディスクのデータ復旧業者の選び方

ハードディスクのデータ復旧をしてくれる業者はたくさん存在しています。

しかし、どの業者でもしっかりとHDDの状態を改善してくれるというわけではありません。

中には、対応の悪いデータ復旧業者も存在しているのです。

データ復旧業者を選ぶ時のポイントなどについて分かりやすくご紹介をしています。


■設備や技術があるかどうか

ハードディスクのデータ復旧をしてくれるデータ復旧業者は多いです。

しかし、データ復旧サービスを行っている業者の中には優良業者と悪い業者がいるので注意が必要です。

データ復旧を依頼して「復旧出来ます」とは言ったものの、難しい案件には対応できず大手に外注するケースがあります。

この場合は請求金額に中間マージンが上乗せされてしまい高くなります。

こういった業者は市販のデータ復元ソフトを使用した軽度の論理障害にのみ対処をすることのできる場合が多いのです。

重度の物理障害の症状などには対処をしてくれないということがあるので要注意です。


■復旧可能データを作っているかどうか

HDDの症状には、大きく分けて論理障害と物理障害の2種類があります。

この2つの障害は、それぞれデータリストを作成するタイミングが異なっているという特徴があります。

論理障害の場合は、修理をする前にデータリストを作ることができるのです。

しかし、物理障害の症状であれば修理をしてからデータリストを作ります。

なので、物理障害の修理をしている場合はその業者は優良業者と言えます。

論理障害のデータリストしかないという場合は、あまりデータ復旧を幅広く行っているとは言えません。


■口コミの評判をしっかりと確認

HDDのデータ復旧サービスを行っている業者選びをする時のポイントがあります。

それは、クチコミ情報をしっかりと確認して業者選びを行うということです。

クチコミ情報には様々なものがあり、評判の良い業者や評判の悪い業者など千差万別です。

データ復旧業者を選ぶ場合には、この口コミの評判が良いところを選ぶのがおすすめと言えます。

評判があまり良くない業者というのは、対応件数が豊富ではないと言えます。

評判が良い業者であれば、この対応件数が豊富で幅広くデータ復旧サービスを行っていると言えるのです。

対応件数は各会社のホームページでも確認することが出来るので参考にするとよいでしょう。

ハードディスクを改善したい時のデータ復旧業者の選び方は様々です。

初めて業者を利用するというような場合は、素人は特に注意が必要です。


ページトップへ