イメージ画像

ノートパソコンのバックアップデータを取得していない場合のデータ復旧

ノートパソコンは携帯し易いため外出先で仕事を進めるのに役立ちます。

しかしデリケートな部品が詰まっている点は、デスクトップパソコンと違いがありません。

強い衝撃を受けるだけで直ぐに壊れてしまいます。

持ち運び時のリスクを軽減するために専用のバッグも販売されていますが、不測の事態が起これば壊れてしまう事は否めません。

だからデスクトップパソコン以上にバックアップデータの重要性が大きいと言えます。


■バックアップを取得しないユーザーも存在する

バックアップデータの取得を毎日の習慣にしておけば、トラブルが発生しても故障時に近い状態へデータ復旧する事が可能です。

しかしバックアップデータを保存するポータブルタイプのハードディスクは、荷物を増やす事に繋がります。

そのため壊れ易いノートパソコンを使用しているにも関わらず、バックアップの備えをしないユーザーは少なくないのです。

仮にバックアップの取得をサボっている状態でノートパソコン内のハードディスクが壊れると、作成してきた成果物は全て失われます。

今後も使用する成果物であれば被害は甚大なのは間違いありません。


■物理障害で困ったらデータ復旧業者に頼る

ハードディスクが衝撃で壊れてしまう事態は、物理障害と呼称されています。

物理障害の対応は優れた技術を持つ人間とクリーンルームの存在が不可欠です。

以上の2つの要素を個人が備えるのは現実的ではないから、物理障害の対応が難しいと言われています。

物理障害に陥ったハードディスクのデータ復旧をしたい時には、デジタルデータリカバリ―などのデータ復旧業者に頼る方法しか残されていません。

データ復旧業者は物理的に壊れた記憶媒体からデータを取り出すサービスを提供しています。

新開発された記憶媒体もサービスの対象範囲内であり、高い技術力を持つ事で信頼を得ているのです。


■ノートパソコンのハードディスクが壊れたら不用意に触るべきではない

データ復旧業者のサービスの料金は高額な事で知られています。

そのためハードディスクの物理障害に困ったユーザーの中には、自力解決を図る者も存在しているのです。

自力解決に成功すればデータ復旧業者のサービスを利用しなくても済みます。

しかしノートパソコンのハードディスクのデータが本当に貴重なら賢明ではありません。

データ復旧業者のサービスの成功確率は100パーセントではないからです。

不用意にユーザーがハードディスクへ触れたせいで、データ復旧の望みが断たれてしまう事もあります。

データ復旧作業の成功確率を高めるのに必要なのは、速やかにノートパソコンを緩衝材と一緒に梱包して業者へ郵送する事です。


ページトップへ