イメージ画像

ノートパソコンの記憶媒体が壊れた場合のデータ復旧

ノートパソコンは携行性と使用性を兼ね備えた優秀な道具です。

それ故にデスクトップパソコンよりもノートパソコンを愛用しているユーザーもいます。

常に移動しながら仕事を進める人にとって、ノートパソコンは頼りになるパートナーです。

しかしノートパソコンを常に持ち運びしている状態だと、稀に衝撃で壊れてしまう事があります。

故障原因になり易いのはハードディスク内に存在する磁気ヘッドとプラッタの接触です。

データの読み書きをするために必要な存在で、ハードディスクの中で最も重要な部品だと評されています。

問題はハードディスクが壊れると同時に、蓄積したデータも失われてしまう事です。


■ノートパソコンのバックアップを行えばデータ復旧が可能

ノートパソコンの壊れ易さはメーカーも認識しているため対応策を講じています。

それはバックアップデータをリストアする事で行えるデータ復旧機能です。

ハードディスク内に溜め込んだ情報を保管しておけば、専用のソフトを使ってデータ復旧を行えます。

ただしバックアップデータは最新に近い状態でなければ意味がありません。

古いバックアップデータをリストアしても、故障の直前に作成していたデータを取り戻す事は出来ないからです。

頻繁にノートパソコンのアプリケーションで成果物を作成しているのであれば、外付けの記憶媒体を使って定期的なバックアップを取得する習慣が重要になります。


■論理障害の場合の対応

ハードディスクが壊れる原因の多くは物理障害ですが、論理障害によってデータへのアクセスが不可能になっている事もあります。

プラッタに対して磁気ヘッドがデータの読み書きを行っている最中に衝撃を受けると、アプリケーションが正常に動作しない事もあるのです。

そのせいでハードディスク内のデータに不具合が生じて、アクセスする事が出来なくなります。

物理的にハードディスクは壊れていないので、ハードウェアの交換は必要ありません。

前述したバックアップデータのリストアだけで、データ復旧を完了させる事が可能です。


■物理障害の場合の対応

衝撃を受けてノートパソコンのハードディスクが壊れている場合には、故障品を交換するという工程が生じます。

その時によく初心者が間違えてしまうのは、デスクトップパソコン用である3.5インチのハードディスクを購入してしまう事です。

ノートパソコン用のハードディスクは、大半が2.5インチサイズになっています。

稀に1.7インチサイズのハードディスクを搭載している事もあるので、確実に成功させたいなら目視確認をすべきです。

正しい手順で故障したハードディスクを交換したら、論理障害と同じ様にバックアップデータを用います。

以上の様に物理障害の方がデータ復旧の難度が少し上がるのは確かです。

もしバックアップをとっていない場合や、自分でのデータ復旧に自信がない場合は専門業者に依頼することもできます。

デジタルデータリカバリ―をはじめ、物理障害の起きているハードディスクからデータを復旧してくれる業者が存在します。

無料診断を行ってくれるところもあるので、一度どの程度の費用がかかるのか見積もりをとってみるのも良いと思います。


ページトップへ