イメージ画像

業務用サーバーのリビルド代行を依頼する

中小企業が業務用サーバーを導入する時、多くても2台までと言われています。

顧客用のシステムを構築する場合と、自社用の業務用ソフトを搭載する場合です。

どちらの業務用サーバーを導入した場合も、貴重なデータを蓄積する事になります。

それが失われた時の被害は大きいので、業務用サーバーの記憶媒体が故障した時のリスクに備えるのです。

データを守る手段は様々なやり方が存在していますが、特に人気を獲得しているのはRAID構成になります。

複数の記憶媒体を効果的に運用するRAID構成は、故障が発生してもリビルドによってデータ復旧を行えるからです。


■リビルドはコントローラのボタンを押す事で達成される

RAID構成を維持している存在は専用のコントローラになります。

物理的に記憶媒体を接続しても、専用のコントローラが無ければRAID構成にするという目的が業務用サーバーに伝わりません。

人間側が何かしらの命令を与えない限り、業務用サーバーの基本ソフトは複数の記憶媒体が接続されていると認識するだけなのです。

その問題を解消するためには人間の意志をコンピュータに伝える仲介役が必要になります。

その役目を担っているのがRAIDコントローラです。

RAIDコントローラはソフトウェアとハードウェアのタイプがあり、両方ともリビルドを実行するボタンが付属しています。


■トラブルの原因で対応が変わる

記憶媒体にトラブルが発生する事で、業務用サーバーが動かなくなるのは前述した通りです。

しかし記憶媒体のトラブルによって対応方法は変わります。

業務用サーバーに対するアクセスの過程でデータの破損が発生した場合には、破損箇所さえ直れば正常になります。

その場合にはリビルドを実行する前に、データ復旧ソフトを動かしてみるべきです。

軽度の問題であれば市販されているデータ復旧ソフトで元に戻ります。

しかし物理障害が発生している場合には、記憶媒体の交換が必須です。

交換が完了した時点でコントローラのリビルドのボタンを押します。

RAIDコントローラが正常に動作すればデータ復旧を行えるのです。


■データ復旧業者にリビルド代行を依頼する

RAID構成は複数の種類が存在していますが、記憶媒体の台数が増えるとリビルドの成功確率は下がります。

リビルドに失敗すればデータ復旧が進まないので、業務用サーバーを使用出来ない状態が長期化してしまうのです。

それを避けるならデータ復旧業者のリビルド代行サービスを頼るべきだと言えます。

日常的にリビルドの代行を行っているデータ復旧業者のサービスは、正しいやり方でRAID構成を扱えるので安心です。

RAIDのデータ復旧で有名な業者としてデジタルデータリカバリ―という会社があります。

参考にしてみて下さい。


ページトップへ