イメージ画像

データ復旧サービス活用術

データ復旧サービスとは、HDDやSDDといった記憶装置からビデオカメラやSDカードまで、データが保存されている媒体になんらかのトラブルが発生してデータの読み書きが出来なくなってしまった時にデータを復旧するサービスです。

データ復旧の専門業者が提供をしています。


データの復旧方法は復元ソフトを使った方法やRAIDのリビルドなど様々ありますが、こういった時にはデータ復旧業者に依頼をしたほうが良いというケースがいくつかあります。

データ復旧サービスの上手な活用方法についてご説明します。


■記憶装置の物理障害

データ復旧サービスを活用するケースで最も多いのが、記憶装置の物理障害です。

特にHDDは構造上の問題もあり、衝撃や経年劣化による物理障害が発生しやすいパーツです。

HDDの物理障害は個人の力で復旧するのがほぼ不可能といえます。

なぜならば、HDDの物理障害を修理するためにはHDDを開封しての作業が必要となりますが、HDDはナノレベルの技術が使われているため塵の混入等に非常に弱く、症状を悪化させてしまいます。

そのためHDDは製造段階からクリーンルームで製造がされていますが、修理を行う際にも同様にクリーンルームなどの設備が求められます。


データ復旧業者はこのクリーンルームを完備しており、HDDの物理障害の復旧も可能です。

正常に動作するように修理をしてから保存されたデータを吸い出して救出してくれるのです。

この物理障害とは、津波や大雨といった水害による水没もあてはまります。

HDDには通気のためにわずかな穴が開いていますが、水没した場合この通気用の穴から水が浸入してHDDが正常に動作しなくなります。

データ復旧業者であればそういったHDDも復旧が可能なのです。


また、物理障害はHDDだけに限りません。

ビデオカメラの落下による故障や、SDカード・USBメモリの差込口の故障といったものも含まれます。

そういった様々な記憶媒体の物理障害も正常にデータの読み書きが出来る状態に修理をし、データを救出してくれるのです。


■論理障害といえども復元ソフトでは復旧できない場合がある

物理障害と比べ、データのトラブルとしては比較的軽微と言われる論理障害ですが、重度の論理障害となると復元ソフトでは復旧できないケースがあります。

データの誤消去など軽微な論理障害はデータ復元ソフトでデータの救出を行うことが可能なことが多いですが、重度の論理障害の場合はソフトでの復元が出来ないばかりか、症状を悪化させてしまうケースもあります。


論理障害だからと安易に復元ソフトを試すのではなく、大切なデータであればデータ復旧業者に相談することがより確実な方法といえます。


ページトップへ